TOPページ>弾性ストッキングについて

弾性ストッキングは、足を締めつけて、ふくらはぎの筋ポンプ作用を助けることによって静脈還流をうながし、足に血液がたまるのを防ぎます。
足を締めつけると逆に悪くなると心配される方もいらっしゃるようですが、弾性ストッキングは足首から段階的に圧力が弱くなっており、心臓にむかって血液が流れるように考えられて設計されています。
市販品と医療用のものがありますが、基本的に構造は同じで、医療用の方が締めつけがきつく、医療機関でしか購入できません。長さによってハイソックス、ストッキング、パンストなどの種類があります。

当院ではアルケア社の「アンシルクシリーズ」、リムフィックス社の「レックスフィット」を採用しています。
医療用の弾性ストッキングは、薬局などで販売されているサポートタイプのストキングと比較すると、高度の圧迫圧、安定した圧迫圧を必要とするための特別な編み方(横糸が入っています)がされています。
また、静脈血やリンパ液を心臓方向へ流れやすくするため、足首の圧迫圧が一番強く、太ももに向かって圧迫圧が弱くなるように段階的圧迫で作られています。
下肢静脈瘤によるうっ血症状(足が重い、だるい、痛い、むくむ)に対して、弾性ストッキングは、静脈還流を改善させ、症状をやわらげる方法としての使用のほか、下肢静脈瘤の硬化療法後や、レーザー治療後にも使用します。
弾性ストッキングには様々なタイプや圧迫圧のものがあるため、患者さんご自身が選んで使用すると、かえって症状を悪化させてしまう可能性がありますので、看護師が患者様にあった適切な商品をお選びします。